24のキーファー・サザーランドが出ているTOUCHというドラマをシーズン2まで全部見た。

いい感じの始まり方で、シーズン1はいろんな人の人生のドラマがある偶然ではない出来事でつながっているッていうところや、喋らない子供ジェイクが数字に特化した特別な子供であるっていう神秘な感じとか、なかなか私の好みだったのだけれど、シーズン2からはちょっと方向性が変わってしまって最後まで見たのはいいけれどそこがちょっと残念でした。

シーズン1でジェイクが(実際は話すことはしないのだけど)予言めいた長いポエムみたいなのとか、真面目に聞いてたんだけどな。

私的にはシーズン2の途中で、別の場所にいるアメリアとジェイクがテレパシーで会話しだすくらいから興味を失ってきた。

外国のドラマを見ると、シーズンが変わると別の要素が強くなって別のドラマになっちゃうことがたまにあるけど、このタッチは打ち切りになったらしいのでこんなもんかなって、、、

そうそう、キーファー・サザーランドの声は24の時と同じでした!吹き替え好き。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA